今日はこのゲームを遊びました。
あー本当に面白い~

その下から、朝峰ルートのネタバレが含むので、お気を付けてください。

始めた時、このゲームは可愛いと思って、そのまま最後で.....

で、全然違うじゃん!Σ(。д。)


まあ、元々朝峰を攻略するつもりは無いですけど、
不注意に.....ベストエンドに無事に辿り着いた。

何と言うか.....ストーリーが進む時に、朝峰はヘリオトローブの持ち主という事はもう分かりました。
「あいつおかしい」と思って、そして9/5が来る。
「あ、やっばりね」そして時間が繰り返す事が始めた。
その時から、ストーリーを追い走って、やっとエンドを迎えに来た。

何でそんな事を.....私、最初からルーエンを攻略したいのに.....Σ(。д。)
だから必死にルーエンを手伝った.....ヘリオトローブを探したのに......

あ、でも、ストーリーはすばらしいと思うよ?

よく考えれば、人も、繰り返す世界の中に生活するじゃん。
仏教の輪廻転生(りんねてんせい)という事よね。
でもこの世界の全部は「空(くう)」、偽じゃなくて、
いつか全部消えて、そして新しい物を産むという事だ。
それを見破れ、その中に抜き出して、涅槃(ねはん)という境界に辿り着く。
「私」というモノは、もうこの世界に何回流転するかどうか分からない。
忘れでも、その事実も変わらない。

よく似てるだろう?朝峰のストーリー。
それは偽じゃない、確か生き証とはいうものの、抜き出さなければいけない。

「人生は夢の如く」、「胡蝶の夢」よく聞いた事ね。
私、時々そう思う:「夢の中の私、もしかして別の世界に生活するかな」
私は夢見るのは、別の世界の私の生活の欠片と思う。
すなわち、夢も偽じゃない、それは「別の私」夢を通じて、この世界の私と重なって、そして「私」を構成する。
全部、「私の生き証」。
この世界は偽物なんて無い、あるのは存在の軌跡だ。
(嘘付くなんてここは討論しないね。)


まあ、だいたいそういう感じよね。
ゲームと無関係のものが多いね。

他のルート、その後も遊んでるから、何かあったら、また書こう~


以上。



yolunohoshi 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()