ずっと、君の事を思う。



何だが、君が亡くなった以降、君と話したい気持ちが増えてる。
毎日発生したの事、特別の気持ち......君に伝えたい。
そのあど、君との友情が増えてるね。
私、君を生きる時、君を嫌いたくない。石橋を叩くのように君と話しかける。
でも今は大丈夫。
私、知ってるよ。
君に伝えたいの事、ちゃんと君に伝えるでしょ?
それは、私の考え過ぎじゃないでしょ?

それでも、君に会いたい。
「しんだら、君に会えるよ」と思いました。
夜中そう考える。
その時、ナイフでうでをきりたい。

彼女の傷を触れたくない。
彼女.....しずかも君の事を気になるんだ。
機会があるなら、君を会いに行くよ。
彼女きっと嬉しくに成れるよ。

ね.....今の君、何処にいるのか?





yolunohoshi 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()